レストラン


奏 かなで

彩り豊か、スタンダードな会席です。
鮮やかな器に盛りつけられた旬肴の後は、シンプルなように見えて味わい深いお椀をどうぞ。今回は「いとより鯛葛打ち」をご用意。酒蒸しにしたいとより鯛ふっくらと柔らかく優しい味わい。松葉柚子も添えられているので、蓋を開けた時の香りもお楽しみ下さい。(プラス2,090円で、ずわい蟹と松茸の土瓶蒸しにグレードアップすることも出来ます。)
また造里では、旬魚だけではなく新鮮な生野菜もちょこっと添えられています。信州上田産の大豆「つぶほまれ」を使用した、「奏龍(なきりゅう)みそ」を付けてお召し上がり下さい。
蓋物の後は焼肴として、「帆立羽二重焼き」をお持ち致します。帆立と九条葱、むかごの上にかけるのは、ホワイトソースにじゃがいもとお味噌を入れたソース。コクのある、ふんわりとした食感と味をご堪能いただけると思います。
そして、今回のお食事は「八つ頭御飯」
おせち料理としても定番の里芋の一種、八つ頭を小角にカットし昆布の出汁で炊き込みました。ほくほくとした食感で会席を締めくくります。

レストラン 日本料理 新樹
コース名 奏 かなで
コース種別 和食
開催期間 2019年10月1日(火) ~ 2020年3月31日(火)
除外日 :12/16~12/20、12/28~1/10、2/3~2/7
時間 1回目:17:20 ~
2回目:18:00 ~
3回目:18:30 ~
4回目:19:30 ~
5回目:19:50 ~
予約について 当日15時00分まで
注意事項 ※次回のメニュー替えは 1月11日より

奏 かなで 【11月-12月】